1. 自動車保険まるわかり辞典
  2. 自動車保険の選び方
  3. 保険を使うと家族にバレるって本当? 家族にバレない方法とは

保険を使うと家族にバレるって本当? 家族にバレない方法とは

 2018/08/25 自動車保険の選び方
この記事は約 5 分で読めます。 284 Views

自動車保険をはじめ、火災保険や傷害保険、医療保険など、基本的にどんな保険も保険金を請求すると、家族にばれる可能性があります。自動車保険は、保険会社に事故の報告をしただけで簡単な事故内容と運転していた人の名前、ケガをした同乗者の名前まで知られてしまうことも。

もし、家族に秘密で自家用車を運転していたり、家族には知られたくない相手を車に乗せている場合、家族にばれるのはちょっと厄介だったりしますよね。今回は、自動車保険を請求したとき、どうして保険を使ったことが家族に知られてしまうのか、また家族に知られないためにはどうすればいいのかについてご説明します。

自動車保険を請求するとどうして家族にばれるのか

事故や故障で自動車保険を使うとき、最初に保険会社の事故受付窓口へ事故の報告をしますよね。事故受付が完了次第、事故相手や修理工場への連絡など、保険会社の事故対応が進んで行きます。

そして同時に「保険金請求 受付完了のお知らせ」という内容の書類またはハガキが契約者住所に発送されるのです。

ハガキで送られる場合はシーリングタイプとなっており、中身は見えません。事故解決までの間に「進捗状況のお知らせ」や、保険金の支払いが終わったあとに「保険金お支払い完了のお知らせ」という旨の郵便物が届くことはご存じの方もいるかもしれませんね。

でも、事故受付が完了した時点で、すぐ郵便物が送られることはあまり知られていません。これらの送付物は、本人確認の意味も含めて契約者住所宛てに送付されます。自動車保険は実際に車を使う人、つまり運転者が契約者とは異なることも多くあります。ですが、保険料を支払い、契約手続きを行ったのは契約者です。

そのため、運転者が契約者に知らせずに保険金を請求することがないように、このようなお知らせを送付しています。家族がこの郵便物を開封しなければ詳細が明らかになることはありませんが、「保険会社から何か届いていた」というのは知られてしまいます。

同乗者の名前が家族に知られる?「保険金請求 受付完了のお知らせ」に記載されている内容

事故受付が完了した時点で保険会社から送付される「保険金請求 受付完了のお知らせ」には、どんなことが書かれているのでしょうか。

こちらがそのサンプルです。(ソニー損保 公式サイトより引用)

記載されている内容は保険会社によって若干異なりますが、以下のような項目が載っていることがほとんどです。

  • 受付日時
  • 事故発生日時
  • 運転者名
  • ケガをした人の名前(運転者・同乗者)
  • 保険金を請求する保険(対人・対物・車両など)
  • 担当する保険会社のサービスセンター・電話番号・住所・担当者名

「今回の事故はいつ起こり、誰がケガをして何が壊れたのか」ということが明確になっています。この時点では、過失割合や実際に支払う保険金の金額はまだ決まっていないため、記載されていません。

こうした内容の郵便物が届き、もし家族がその中身を目にしたら、今回起こった事故のおおまかな内容を家族は知ることとなります。

よくあるのが、単身赴任中に家族には仕事だとウソをついて不倫相手と車で出かけたときに事故に遭い、保険会社から家族の住む自宅住所へ「保険金請求 受付完了のお知らせ」が届いて、家族が郵便物を開封して不倫が発覚するケースです。

実は、こうしたケースは少なくありません。もちろん、家族には内緒で車を使ったり不倫相手を車に乗せたりしないのが一番ですが、こういった状況のとき、「保険金請求 受付完了のお知らせ」など、事故や保険金請求に関する書類の送付をストップできれば助かりますよね。

つぎに、これらの書類の発送を止める方法について解説していきます。

「保険金請求 受付完了のお知らせ」の発送をストップする方法

事故受付をした時点で書類またはハガキが発送されてしまう「保険金請求 受付完了のお知らせ」ですが、家族に事故を知られたくないなどの事情で発送をストップすることはできるのでしょうか。

これは、保険会社によっても対応は異なりますが、事故受付時に「書類の発送を止めて欲しい」と伝えることによって事故や保険金請求に関する書類の送付を止めてもらうことができるかもしれません。

保険会社によっては「自動で発送手配がされるので、止めることはできません」と言われることもあります。さらに、書類の発送を止められる場合でも、契約者と運転者が同一人物であることなど、一定の条件を満たさないと対応できない保険会社が多いようです。

まとめ

近年は保険会社もペーパーレス化が進んでおり、昔に比べると書面のやり取りが少なくなりました。でも、事故や保険金請求に関しては、間違いが許されない・記録として残しておきたいなどの理由で書類が郵送されることが多いので、もし、どうしても家族に知られたくない場合は最初の事故受付の時点で保険会社に相談してみましょう。

もちろん、保険会社や書類の内容によっては対応できないこともありますので、そのときは家族へ保険関連の書類は開封しないようにしっかり言っておくなどの対応が必要ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

自動車保険まるわかり辞典の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自動車保険まるわかり辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • セゾンおとなの自動車保険は ロードサービスが充実しているダイレクト型自動車保険

  • 料率クラスとは何? 同条件でも翌年の保険料が上がることがあるって本当?

  • 保険を使うと家族にバレるって本当? 家族にバレない方法とは

  • 保険スクエアbang!で一括見積をする方法・流れと必要書類

関連記事

  • 事故のときに焦らない! 事前に準備しておきたい車内グッズ

  • 自賠責保険(強制保険)と任意保険の違いは何? 自賠責保険と任意保険の補償内容を詳しく解説

  • もらい事故に遭ったときに役立つ特約とは?

  • ダイレクト型自動車保険が向いていない人とはどんな人?

  • もう迷わない! 自動車保険の補償はこれだけ付けておけばOK

  • 料率クラスとは何? 同条件でも翌年の保険料が上がることがあるって本当?