1. 自動車保険まるわかり辞典
  2. 自動車保険会社
  3. セゾンおとなの自動車保険は ロードサービスが充実しているダイレクト型自動車保険

セゾンおとなの自動車保険は ロードサービスが充実しているダイレクト型自動車保険

 2018/08/31 自動車保険会社
この記事は約 5 分で読めます。 31 Views

自動車保険を選ぶときは、保険料と同じくらい事故対応が大切という人も多いですよね。事故対応というと、事故対応拠点が全国にあるか、現場急行サービスがあるかなど、重視するポイントは人それぞれですが、なかでもロードサービスの充実度は実際に事故が起こったときの利便性に直結するので、しっかりと確認しておきたいところです。

今回は、ダイレクト型保険会社のなかで、レッカーの無料搬送距離が長く、また、ロードサービスが必要ない人はサービスを外して保険料の節約ができる、セゾンおとなの自動車保険のロードサービスについて解説していきます。

レッカー費用が現場の応急処置と合わせて15万円まで無料なのはセゾンおとなの自動車保険だけ

一般的に、ロードサービスにはレッカー以外にも、バッテリー上がりなどの応急処置や車が動かなくなったときのための宿泊費用や帰宅費用を補償するサービスがあります。こちらが各社のロードサービスの比較表です。

セゾンおとなの自動車保険 ソニー損保 アクサダイレクト チューリッヒ
レッカー費用
(無料)
現場での応急処置と合わせて15万円まで 150㎞ 35㎞ 100㎞
現場での
応急処置
バッテリー上がり 〇
スペアタイヤ交換 〇
鍵の開錠      〇
脱輪の引き上げ(落差1m超やタイヤ2本以上、クレーン等の特殊作業も対応) 引き上げはタイヤ1本まで対応 落差1mまでの引き上げのみ対応。

全てのタイヤが脱輪した場合を除く。

落差1mまでの引き上げのみ対応。クレーン作業は対象外
宿泊費用 1名につき1万円限度 上限なし※ 上限なし※ 上限なし※
帰宅費用 1名につき2万円限度 上限なし※ 上限なし※ 上限なし※
ガス欠時燃料補給 保険期間中1回まで10リットルまで無料 1年目のガソリン代は契約者が負担 1年目のガソリン代は契約者が負担 保険期間中1回まで10リットルまで無料

※宿泊費用はビジネスホテルクラス、帰宅費用は最も合理的と判断される手段

最初に確認したいのはレッカーの無料搬送距離数

これらのロードサービスのなかで一番使われるのは、レッカーサービスです。事故や故障で車が動かなくなったときに、自宅や修理工場まで車を搬送してくれるサービスで、誰でも使う可能性があります。

なので、複数の保険会社のロードサービスを比較するとき、最初に確認しておきたいのがレッカー費用は何キロまで無料なのかということです。キロ数で比較するとソニー損保の150㎞まで無料というのが一番長い距離のように見えますよね。

でも、セゾンおとなの自動車保険は、「現場での応急処置と合わせて15万円分まで無料」と費用で設定されています。15万円すべてをレッカーの搬送距離に充てると、約300㎞程度のレッカー距離となるそうです。(セゾンおとなの自動車保険HPより。セゾンおとなの自動車保険の提携業者を利用した場合)

このことから、セゾンおとなの自動車保険は他のダイレクト型保険会社に比べてレッカーの無料搬送距離数が長いことがわかりますね。ちなみに、各社が指定する提携修理工場へ車を搬送し、そこでそのまま修理する場合はどこの保険会社もレッカーの無料搬送距離に制限を設けていません。

それは保険会社の提携修理工場で車を修理してもらうと、修理費が抑えられて支払い保険金も低く済むなど、保険会社にとってメリットがあるためです。

バッテリー上がりなどの応急処置や脱輪の引き上げサービスなどにも違いアリ

ほかにも、ロードサービスにはこのような応急処置サービスが付帯されています。

  • バッテリー上がり
  • スペアタイヤ交換
  • 鍵の開錠

ふとした瞬間に困ることの多い車のトラブルにも、電話一本で現場まで駆けつけてもらえるのは助かりますよね。これらのサービスには各社ほとんど違いはありません。違いが出てくるのは、脱輪の引き上げやガス欠時の燃料補給などです。

まず、前述した比較表にも記載がありますが、セゾンおとなの自動車保険は、ダイレクト型保険会社のなかで、脱輪の引き上げサービスの範囲がとても広いです。

他社が落差1m以内・タイヤ〇本まで、クレーン作業は対象外などの制約があるなかで、セゾンおとなの自動車保険は落差1m超でクレーンなどの特殊作業が生じても無料となります。

ここは明らかに他社と差がつく部分ですよね。ガス欠時の燃料補給は、1年目のガソリン代は自己負担となる保険会社もありますが、セゾンおとなの自動車保険とチューリッヒは保険期間中1回のみ、10リットルまで無料でサービスされます。

保険料の節約も!もしロードサービスが不要なら外すことができる

また、セゾンおとなの自動車保険が他社と全く違うところは、「ロードサービスが不要な人は外すことができる」ことです。ロードサービスを付けるかどうか選べる保険会社は、ダイレクト型だけでなく代理店型保険会社でもあまりありません。

ロードサービスを付けない分、保険料を節約することができるのは嬉しいですよね。例えば、JAFに入っていたり、車関係の仕事をしていたりして、ロードサービスに関わることは自分で対応できるという人は、自動車保険にはロードサービスが付いていなくてもいいかもしれません。

ただし、JAFのレッカー無料搬送距離数は15キロまでと保険会社のロードサービスと比較すると十分とは言えず、保険会社が提供するロードサービスで無料対応しているサービスがJAFでは有料ということも多いので、このあたりも含めて比較して検討するといいでしょう。

まとめ

車に乗っていると意外と利用する機会の多いロードサービスは、自動車保険を比較するときの大きな比較材料となりますよね。運転する距離数や走行地域など、車の使用状況によって必要なサービスは1人ひとり異なるので、自分の車の使用状況に合わせて検討してみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

自動車保険まるわかり辞典の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自動車保険まるわかり辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • セゾンおとなの自動車保険は ロードサービスが充実しているダイレクト型自動車保険

  • 料率クラスとは何? 同条件でも翌年の保険料が上がることがあるって本当?

  • 保険を使うと家族にバレるって本当? 家族にバレない方法とは

  • 保険スクエアbang!で一括見積をする方法・流れと必要書類

関連記事

  • チューリッヒの自動車保険は保険料が安いのに、 ロードサービスが充実していて、地震にも強いのが特長

  • 事故現場かけつけサービスがあるのは ソニー損保とセゾンおとなの自動車保険

  • アクサダイレクトは土日祝も訪問面談サービスを実施! ペットがいる人にもオススメ

  • ソニー損保は充実したサービス内容で 顧客満足度も高いダイレクト型自動車保険の先駆者

  • セゾン「おとなの自動車保険」の事故対応はトップクラス! 40代、50代の保険料が割安で嬉しい

  • 30代以上の保険料が安くなるのは セゾンおとなの自動車保険