1. 自動車保険まるわかり辞典
  2. 自動車保険会社
  3. ソニー損保は充実したサービス内容で 顧客満足度も高いダイレクト型自動車保険の先駆者

ソニー損保は充実したサービス内容で 顧客満足度も高いダイレクト型自動車保険の先駆者

 2018/08/25 自動車保険会社
この記事は約 8 分で読めます。 9 Views

ダイレクト型自動車保険と聞くと、真っ先にソニー損保の名前が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。TVのCMでもよく見かけますよね。ソニー損保はダイレクト型自動車保険の先駆者であり、特に人気が高い保険会社です。

また、事故対応の信頼性や公式ウェブサイトのわかりやすさなどが高く評価され、代理店型の保険会社を含む、自動車保険顧客満足度ランキングでは上位にランクインしています。

こちらのページでは、ダイレクト型自動車保険をリードするソニー損保の、顧客満足度が高い理由や実際にどんな事故対応が行われているのかについて、詳しく解説していきます。

ソニー損保はダイレクト型自動車保険でも安心の事故対応

自動車保険の一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」が、インターネット調査で行った事故対応満足度調査で、ソニー損保は1位でした。これは、代理店型保険会社数社を抑えての結果です。

それでは、どうしてソニー損保は代理店型保険会社よりも事故対応満足度が高い結果となったのか、その理由をひとつずつ見ていきましょう。

「セコム事故現場かけつけサービス」をはじめとする、安心の事故対応

ここ数年で広がり始めた、セキュリティ会社の事故現場急行サービス。ソニー損保でも「セコム事故現場かけつけサービス」が用意されており、事故が起こったとき、ソニー損保に事故の連絡を入れると、現場にセコムの緊急対処員を派遣してくれます。

セキュリティ会社のなかでも、セコムは緊急発進拠点数がセキュリティ業界No.1で、その拠点数は全国約2,800ヵ所。地方も含めた全国の対応が可能で、かつ早朝深夜問わず駆けつけてくれます。

事故現場では、警察へ連絡するほか、救急車やレッカー・タクシーなどの手配が必要になるものの、事故直後は誰もがパニックになりやすく、スムーズに対応できない人がほとんどです。そんなとき、セコムの緊急対処員がいれば、事故現場でも契約者をしっかりサポートするので安心です。

また、自動車事故は双方の過失割合を決めて、割合に応じた賠償をしていくのですが、双方の主張が食い違うこともよくあります。そんなときに、一番役に立つのがドライブレコーダーや事故直後の現場写真です。

ソニー損保のセコム事故現場かけつけサービスでは、セコムの緊急対処員が事故直後の現場の状況をカメラで記録するところまでやってくれます。

即日365サービスで、土日祝日でも相手対応が可能

24時間365日の事故受付は、ほとんどの保険会社で実施しています。ただし、事故受付はあくまで事故があったことを保険会社へ報告するだけで、相手や病院、車の修理工場へ連絡することはありません。

これらの連絡は保険会社の事故担当者が行いますが、基本的に事故担当部署の営業時間は平日9時から17時までとなっています。それでも、事故は17時以降や土日祝日も関係なく発生します。

そこで、各保険会社は夜間や休日の事故を担当する部署をつくり、夜間や休日の事故の際、相手や病院、車の修理工場へ連絡し、必要に応じて代車を手配するなど、初期対応と呼ばれる、事故直後に必要な事故対応を実施しています。

ソニー損保は「即日365サービス」として、夜間や休日に関わらず、事故受付だけでなく、初期対応を実施。

ソニー損保の公式ウェブサイトには、”365日、平日・土・日・休日にかかわらず、0:00~20:00の間に事故受付が完了した当社が示談交渉できる賠償(対人・対物)事故”で初期対応を行うと書かれていますが、状況に応じて20時~0時の間もできる限りのサポートはしてくれるそうです。

全国に25のサービスセンターのほか、ロードサービス拠点数は約9,000ヶ所で全国の事故をカバー

代理店型保険会社は全国に250~300ヵ所のサービスセンターをもち、そこで各地方の事故の対応を行っています。一方、ダイレクト型保険会社は計2~3拠点で全国の事故対応を行っているということも少なくありません。

ソニー損保は、全国に25のサービスセンターがあります。この数はダイレクト型保険会社としては少ない数ではありません。また、トラブルが起こったときに急行できるように、ロードサービスは約9,000ヵ所の拠点をもち、万が一のときも安心です。

ソニー損保の保険料は?顧客満足度が高い理由

このように、代理店型に引けを取らないサービスで、事故対応満足度が高いソニー損保ですが、保険料も気になりますよね。ソニー損保の保険料は他社に比べてどうなのでしょうか。

ソニー損保の保険料は高い?ムダがない、走る分だけの保険料と独自の割引サービス

結論から言うと、ソニー損保の保険料はダイレクト型自動車保険の中では特別安いわけでありません。見積もりをする条件によっても変わりますが、保険料だけでいえばSBI損保やチューリッヒの方が安いことが多いです。

ソニー損保で保険料が安くなりやすい人は、年間の走行距離数が少ない人です。ソニー損保は、リスク細分という合理的な考え方で保険料を設定しています。リスクが低ければその分保険料も安くなるので、年間3,000キロ以下しか走らない人の方が5,000キロ以上走る人より保険料は安いです。

この距離区分は契約するときに自分の車の使用状況から予想して設定します。ソニー損保の年間走行距離区分は以下の6つと無制限の、計7つに分かれています。

3,000KM
以下 5,000KM
以下 7,000KM
以下 9,000KM
以下 11,000KM
以下  16,000KM
以下

もし、契約時に申告した年間走行距離の上限と比べて実際に走行した距離数が1,000キロ以上少なかった場合は差額保険料の分が翌年の継続保険料から割引されるのはムダがなくていいですね。

ソニー損保は顧客満足度ランキングでも常に上位

事故対応満足度が高いソニー損保ですが、ソニー損保はサービス満足度も高く、コールセンターや事故受付窓口などの担当者の対応にも定評があります。また、ソニー損保の公式ウェブサイトはイラストや写真などが効果的に使われていてわかりやすく、初めて自動車保険に入る人でもネットで簡単に手続きが可能です。

実際に、サポートサービス業界のHDI-Japanが行った、2017年のWebサポート部門で最高評価である三つ星を8年連続で獲得しています。

ソニー損保の補償内容と特徴

ここからはソニー損保の補償内容を確認していきましょう。まず、ソニー損保は先述したとおり、セコムの事故現場かけつけサービスが契約者全員に提供されているほか、ロードサービスもすべての契約に無料でついています。

事故時のレッカー搬送だけでなく、バッテリー上がりやキー閉じこみなどの日常的な車のトラブルに無料で対応してもらえるのは便利ですよね。

対物超過費用の補償が対物賠償に自動的に付いてくる

対物賠償に対物超過費用の補償がセットされているのもソニー損保の特長です。年式が古い車の場合、修理費が車の時価を超えることがあり、時価額を超えた分は法律上の賠償責任がなく、対物賠償では補償されません。

かと言って、自分に責任のある事故なのに、相手へ全額修理費は出せませんというのも言いにくいですよね。そんなとき、対物超過費用がついていれば、相手が修理を希望した場合、時価を超えた分の修理費を過失割合に応じて50万円を限度に補償できます。

一般的に、ほとんどの保険会社では対物超過費用の補償は、契約者が任意で付けるものになっています。必要かどうかわからなかったり、付けるのを忘れてしまったりすると、いざというときに大変困ってしまうので、ソニー損保のように自動付帯されるのは助かりますね。

車でレジャーやスポーツに出かける人は「おりても特約」で安心

ソニー損保には「おりても特約」という、車で外出した先でケガをしたり身の回り品を壊してしまったりしたときに補償される特約があります。ケガの補償は通院も補償対象となっており、本人型・夫婦型・家族型と、補償の範囲となる人を選べます。

また、おりても身の回り特約では、車で外出した先で身の回り品を壊してしまったときに、保険期間を通じて10万円まで補償されるので、よく車でレジャーやスポーツに行くという人には嬉しい特約ですね。

ソニー損保のデメリットはなに?

ソニー損保のデメリットは、全国のサービス拠点が25しかないことです。ダイレクト型保険会社のなかでは少ないほうではありませんが、やはり代理店型保険会社と比べると、かなり少ないことは事実。

もちろん、全国どこの事故であっても、25のサービス拠点で事故対応が網羅できるようになっており、ダイレクト型の自動車保険だから過失割合の交渉に不利になるということはありません。

でも、土地勘がある担当者のほうが現場の状況に詳しいでしょうし、同じ市内に担当者がいれば、至急面談が必要となったときにもすぐに対応してもらえることもあるので、この点については、どうしても代理店型自動車保険に見劣りしてしまう部分があるということを覚えておくといいでしょう。

まとめ ソニー損保はこんな人にオススメの自動車保険

これらをふまえて、ソニー損保はこんな人にオススメします。

  •  代理店型からダイレクト型に乗り換えたいけど、サービス内容が心配な人
  • インターネットからの手続きに慣れていない人
  • 年間走行距離が少ない人

ソニー損保はダイレクト型・代理店型問わず、保険会社のなかで非常にサービスのレベルが高い保険会社です。保険料が格段に安いわけではありませんが、代理店型に劣らないサービス内容を求める人にはピッタリでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

自動車保険まるわかり辞典の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自動車保険まるわかり辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • セゾンおとなの自動車保険は ロードサービスが充実しているダイレクト型自動車保険

  • 料率クラスとは何? 同条件でも翌年の保険料が上がることがあるって本当?

  • 保険を使うと家族にバレるって本当? 家族にバレない方法とは

  • 保険スクエアbang!で一括見積をする方法・流れと必要書類

関連記事

  • 事故現場かけつけサービスがあるのは ソニー損保とセゾンおとなの自動車保険

  • チューリッヒの自動車保険は保険料が安いのに、 ロードサービスが充実していて、地震にも強いのが特長

  • 30代以上の保険料が安くなるのは セゾンおとなの自動車保険

  • セゾンおとなの自動車保険は 地方在住者にも安心なダイレクト型自動車保険

  • セゾン「おとなの自動車保険」の事故対応はトップクラス! 40代、50代の保険料が割安で嬉しい

  • アクサダイレクトは土日祝も訪問面談サービスを実施! ペットがいる人にもオススメ